「週刊少年マガジン」が、王者「ジャンプ」を倒した日の話


「週刊少年マガジン」が、王者「ジャンプ」を倒した日の話






1: うさちゃんねる@まとめ

現代ビジネス2022.08.10
https://gendai.media/articles/-/98240

「マガジン」黄金時代の到来
 1994(平成6)年の年末、「少年ジャンプ」は日本の雑誌史上最大部数となる653万部を記録した。

 五十嵐隆夫編集長率いる「マガジン」もヒット作を連発して急速に部数を伸ばしており、「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」の3誌を合わせれば、発行部数は軽く1000万部を超えた。この当時、JR山手線に乗れば、ひとつの車両の中だけで「ジャンプ」や「マガジン」を読んでいる者を何人も見かけたものだ。

 プレイステーションが発売されるのはこの年の12月。まだ誰もがパソコンを持っている時代ではなく、インターネットも普及していなかった。携帯電話を持っている者も少なく、まして小学生や中学生が持つなど考えられなかった。マンガこそがエンターテインメントの中心となるメディアだった。

 すでにバブルが弾けて数年経っていたが、マンガ誌業界に限っては全盛期と呼んでもいい時代だろう。

 発行部数がピークに達した94年を過ぎると、「ジャンプ」は下り坂に向かう。この年に『幽☆遊☆白書』、翌95年に『DRAGON BALL』、96年に『SLAM DUNK』と人気作品の終了が重なり、猛追する「マガジン」との差がぐんぐんと詰まっていった。

 後に第2次黄金時代と呼ばれる90年代の「マガジン」について、「コマがそろっていたんですよ」と、当時「マガジン」の編集者だった樹林伸は説明する。

 「20本あまりの連載中、3~4本しか読むものがなかったら、なかなか雑誌は買ってもらえない。五十嵐(編集長)さんは『読まれていない作品の数を減らす』ことを心がけていました」

 『はじめの一歩』『風のシルフィード』『カメレオン』『シュート! 』『特攻の拓』『将太の寿司』『金田一少年の事件簿』――。ヤンキーマンガの印象が強い90年代の「マガジン」も、こうして並べてみるとバラエティに富んだ連載陣だったことがわかる。

 そして、「金田一」に続く大ヒット作となる『GTO』(藤沢とおる)が始まった1997(平成9)年、ついに「マガジン」は長年の悲願を達成する。

王者「ジャンプ」を倒した日
写真:現代ビジネス



 7月28日、朝日新聞夕刊の一面にこんな大見出しが載った。

 「王者『少年ジャンプ』失速 『マガジン』と部数ならぶ 24年間の首位陰る」――。

 夕刊とはいえ、全国紙のトップ記事だ。新聞がマンガを「悪書」として叩いていた50年代には、とても考えられないことだろう。

 やがて、“その日”がやって来た。

 11月1日発売の「ジャンプ」407万部に対し、同5日に発売された「マガジン」97年49号は415万部。今度は毎日新聞が11月15日の夕刊一面で「少年マガジン王者復活」と大々的に報じた。

 翌98年、「マガジン」は史上最大部数となる445万部を発行。少年誌トップの座を守ったまま21世紀を迎えることになる。

 勤続12年、「マガジン」一筋で副編集長になっていた樹林が講談社を退社したのは99年のことだ。

 「妻には95年頃から『会社を辞める』と伝えていたんです。とはいえ、編集者として『自分の雑誌が日本一になる瞬間』を見届けたかった――。一生に一度、あるかないかの体験ですからね」

 フリーの原作者(兼・編集者)となった樹林は、多くのペンネームを使い分けながら、古巣の「マガジン」を中心に八面六臂の活躍を続けている。

 たとえば2012(平成24)年初頭には、「少年マガジン」に『エリアの騎士』『ブラッディ・マンデイ ラストシーズン』『探偵犬シャードック』の3本、「ヤングマガジン」に『サイコメトラー』、「モーニング」に『神の雫』、と講談社のマンガ誌だけで“5本の週刊連載”を抱えていた。恐るべき仕事量だ。

 仕事の場は講談社だけに留まらず、小学館の「ビッグコミックスピリッツ」に連載を持ったこともある。「ジャンプ」のような専属契約に縛られているわけでもない。フリーランサーとしては当然のことだろう。

 しかし、「マガジン」のライバルである「サンデー」や「ジャンプ」では、一度も仕事をしていない。

 「ジャンプの優れたマンガ家と仕事をしたいという気持ちはずっと持っています。でも、できない――。少なくとも、五十嵐さんの目の黒いうちはできませんよ」

 7つの名を持つ原作者・樹林伸は最後にそう言うと、穏やかな微笑を見せた。

伊藤 和弘(フリーライター)


25: うさちゃんねる@まとめ

>>1
ジャンプも落ちぶれてきてるから再びマガジンと競争する時代になるかもな
サンデー? コナンに名前変えたら?




52: うさちゃんねる@まとめ

>>1
>
> 「20本あまりの連載中、3~4本しか読むものがなかったら、なかなか雑誌は買ってもらえない。五十嵐(編集長)さんは『読まれていない作品の数を減らす』ことを心がけていました」
>

↑ま別に90年代初頭から読むタイトルにはこと欠いてなかったけどな

「名門!第三野球部」 「ドクターK」 「シュート」 「あした天気に」 「将太」「マラソンマン」「Jドリーム」「コータロー」  


2: うさちゃんねる@まとめ

マガジンが倒したというよりジャンプの自〇では


3: うさちゃんねる@まとめ

少年マガジンといえば
「あしたのジョー」 


4: うさちゃんねる@まとめ

チャンピオンが王者だった頃の話しよーぜ


6: うさちゃんねる@まとめ

>>4
70年代あたりか


26: うさちゃんねる@まとめ

>>6
70年代も大半はジャンプ。
チャンピオンなんて一二週の超一瞬だけだよ、まだマガジンのが70年代初頭はトップだったから期間は長い


30: うさちゃんねる@まとめ

>>26
エアプ


33: うさちゃんねる@まとめ

>>30
トイレット博士を知ってるか
にわかやネット知識だけで当時を知らんやつは
がきデカは知っててもそっちは知らんのよな
チャンピオンも凄い時代があった、というときに必ずがきデカが出てくるから知ってるだけで、
じゃあ当時トップのジャンプはどうだったか知らないという
包丁人味平、アストロ球団、ど根性ガエルあたりは有名だから知ってるだろうが
トイレット博士はそれに負けないぐらい人気だったが、下品すぎてアニメも見送られたのよな
でもネット知識しか無いやつは人気あったとかアニメ化でもしてない限りわからんのよね


8: うさちゃんねる@まとめ

>>4
いまだに唯一週刊誌で買い続けているマンガ雑誌なので、俺の中では現役で王者だ...


31: うさちゃんねる@まとめ

>>4
こまわり君が連載されてた頃?


42: うさちゃんねる@まとめ

>>4
トシちゃんかんげきーっ!
はーすっぽんすっぽん


45: うさちゃんねる@まとめ

>>4
ドカベンだけじゃねーかw


5: うさちゃんねる@まとめ

居間は?


7: うさちゃんねる@まとめ

この記事見覚えがないだろうか?
○○を倒した

そうなのである

マガジンは講談社で
朝鮮人がうようよいるところ


9: うさちゃんねる@まとめ

キバヤシさん?


10: うさちゃんねる@まとめ

今やラブコメが頼みの綱のマガジン


11: うさちゃんねる@まとめ

昭和ではチャンピオンが最強の時代もあった訳だが


12: うさちゃんねる@まとめ

昭和ではチャンピオンが最強の時代もあった訳だが


13: うさちゃんねる@まとめ

バカが読むマンガを量産したのがジャンプだからな

少年誌はサンデーとマガジンだけでいい


14: うさちゃんねる@まとめ

近頃ヤンジャンよりヤンマガの方が面白い
近所のコンビニもヤンマガ置く数が増えてきた


15: うさちゃんねる@まとめ

もう20年以上前の話なのに今更ジャンプざまあみろと言われてもね


16: うさちゃんねる@まとめ

1997 ONE PIECE
1998 HunterxHunter
1999 NARUTO
2001 BLEACH


17: うさちゃんねる@まとめ

実際には90年代後半のあの当時でも、皆のイメージやブランド的にジャンプのが上だったと思うけどね
マガジンが名実共に王者と言えるのはあしたのジョーとかがのってた70年頃だよ


18: うさちゃんねる@まとめ

2021年7月~9月
『週刊少年ジャンプ』約140万部
『週刊少年マガジン」約50万部
『週刊少年サンデー』約19万部

雑誌滅亡まであと何年


38: うさちゃんねる@まとめ

>>18
今の部数ってweb版は入ってるのか?

web版のほうが手軽だし、web版で読んでる人も結構多いんじゃないかな


19: うさちゃんねる@まとめ

そのあとジャンプがどんどん落ちぶれていったならともかく、
一時的に抜いただけでまた抜き返されてるんだから
「倒した」って表現もちょっとどうよという気も。


20: うさちゃんねる@まとめ

マガジンと言えば、チャンピオン太!


21: うさちゃんねる@まとめ

この時代は、各漫画誌の発売日には店舗内に積むのが面倒なのか
出入口にパレットでどーんと平積みという店舗もあったな。
とにかくとんでもない量売れてた


22: うさちゃんねる@まとめ

2000年問題とか言ってた頃はマガジンに勢いがあった印象だけど、結局またトップは明け渡したんだよね


23: うさちゃんねる@まとめ

キバヤシか


24: うさちゃんねる@まとめ

スレタイの読点の入れ方が今どきの企業の臭いキャッチコピーみたい
しかも講談社系の現代ビジネスがマガジンを持ち上げるという手前味噌甚だしい記事


27: うさちゃんねる@まとめ

653万部を超えない限り勝ちでは無いと思う


28: うさちゃんねる@まとめ

653万部

鬼滅の刃「はい」


29: うさちゃんねる@まとめ

ジャンプが激減しただけで
マガジンの伸びは微増で大して人気を伸ばしたわけでもない


32: うさちゃんねる@まとめ

今更30年前の話って漫画界隈どんだけ停滞してるんだよ


34: うさちゃんねる@まとめ

樹林?
何だって、キバヤシー!の人?


35: うさちゃんねる@まとめ

ジャンプ黄金期の目次画像で凄ええええってのはよくあるけど、マガジンとかサンデーとかそういうの見ないよな


37: うさちゃんねる@まとめ

>>35
サンデーは高橋留美子とあだち充位かな


36: うさちゃんねる@まとめ

猫も杓子もターちゃんもトーナメントやり出して自分も確かその辺りで読むのやめたな


39: うさちゃんねる@まとめ

90年代後半のジャンプはヤバい位つまらなかった


40: うさちゃんねる@まとめ

世間一般のイメージ

ジャンプ 子供向け
マガジン 中高生向け
サンデー オッサン向け
チャンピョン 置いてない


41: うさちゃんねる@まとめ

>>40
全然違うわ

ジャンプ 女向け
マガジン 陰キャ向け
サンデー 売ってない
チャンピ 知らない


44: うさちゃんねる@まとめ

>>41
的確で草


48: うさちゃんねる@まとめ

>>44
お前らは知らんだろうけど
チャンピオンは手塚治虫が
ブラックジャックとか書いてた頃は全盛


47: うさちゃんねる@まとめ

>>41
80~90年代
ジャンプ 努力友情勝利で何でも武道会で暴力で解決 土曜日曜にフライング販売
マガジン 不良・チンピラ、下品、 ?! 水曜日に発売
サンデー 絵が綺麗、キャラの区別がつかない大御所 水曜日に発売
チャンピ  毒も喰らう 発売日が不明


43: うさちゃんねる@まとめ

マカロニほうれん荘と
進めパイレーツはアニメで見たいわー


46: うさちゃんねる@まとめ

マガジンは毎週誰かしら作者取材で読めない漫画が有ったから詐欺に近いよなw


49: うさちゃんねる@まとめ

40年以上前の栄光にすがってるのが問題
あと、オタには結構有名な話だろ、ネット知識でしかないとしても


50: うさちゃんねる@まとめ

こういう話題のときいつもチャンピオンが除け者にされてて可哀想


51: うさちゃんねる@まとめ

むしろ除け者は一度もトップになったことのない、どこか空気のサンデーだと思うがなあ
あえて言えばうる星とタッチがあった頃が黄金期だろうが所詮ジャンプの二番手でしかなかったわけだし


55: うさちゃんねる@まとめ

>>51
アニメ化はその2者以外にも結構されてるんだけどねー

高橋留美子の影響で女作者が増えすぎてイマイチ大ヒットしない
マギ位かな


57: うさちゃんねる@まとめ

>>55
何か勘違いしてないか。サンデーは一番売れてた時でもトップじゃないという話だが
単にその頃のメジャーかつ代表的な作品を適当に上げただけ


53: うさちゃんねる@まとめ

個人的にはBOY、ぬ~べ~、るろ剣がDBやスラダン以上に好きだったから
90年代後半のジャンプは俺の中では最高だった
奇しくもその3作品は1999年に連載終了したから世代交代の波を感じたな


58: うさちゃんねる@まとめ

>>53
俺は逆にジャンプ毎週読んでたのが90年代後半だけだった。

まあサンデー&マガジンはずっと前から読んでたわけだが

当時のジャンプ作品がライバル2誌のと一番似た内容多かったせいもあるけど


54: うさちゃんねる@まとめ

個人的には当時のジャンプは売上では二番手でも内容は4誌の中でも最悪だと思えた


56: うさちゃんねる@まとめ

少年キング1弱


コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました