【ハンターハンター】366話 クラピカ「私が第一王子の電話に出よう。」


【ハンターハンター】366話  クラピカ「私が第一王子の電話に出よう。」

148: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 08:26:39.06

今回も10週なんかな~ このペースやと継承戦だけで数年かかりそう


引用元: ・2ch.sc


140: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 07:45:41.07

バレ
前回の続き。どう対応するかで今後の命運がわかれる。
素早く決断したクラピカが冷静に宣言した。

クラピカ「私が第一王子の電話に出よう。外の男は服装から、第一王子の警護の者だろう。
…彼は待たせておいていい。この電話の『結果』を待っているはずだからな」

ビル「(この事態では、もうこの男の判断に従うより無い)」

ホーリーチェーンで完治して貰った手を無意識的にさするビル。

(この男は鍛えられた念能力と、それ以上に信頼に値する仕事への高い意識がある!)


















(オレもこんな風に…何かのために働きたかった)

電話を取るクラピカ。

「…私がクラピカです」

「第一王子ベンジャミンだ。」

予想はしていたものの、ざわつくビルら。

「単刀直入に言おう、我らと協力関係を結べるか?
結べるなら、王子、王妃とおまえ達護衛の命は救おう」

「…何故それをオイト王妃ではなく私に?」
楽しそうに笑うベンジャミン。

「はっ!それを貴様が決断できるくらいの信頼は既に得ているのだろう?それとも俺の買いかぶりか?クラピカ。」

(この男と協力した上で、オイト王妃と王子をこの不毛な戦いから降りさせる…果たして、可能か?
しかし最も力のある王子ではある…)

王妃の怒りの表情を見て、我に帰るクラピカ。

(違う!協力関係なんてあり得ない。平然と無関係の人間を○せる連中だぞ!!)
第一王子からの電話は…私の戦力を少しでも削ぐための罠、あるいは…)



ドアが開く。バビマイナの姿がちらりと見えた瞬間、銃弾を浴びせるビルとクラピカ。しかし素早く隠れられてしまう。
完全に臨戦態勢で挑んだものの、厳しい戦いを覚悟しているクラピカ。

だがいきなりバビマイナの悲鳴があがった。
警戒しつつ様子を見に行ったビルが見たのは、首から上の無いバビマイナであった。

ビル「暗○しに来たこいつが…
王子の念獣にやられた、というところか」
クラピカ「恐らく」
バビマイナが大量の爆薬を抱えていることに気づいてぞっとするビル。

煽り「名前を覚えにくいキャラはすぐ○ぬ!!」


153: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 08:56:03.63

全然話進んでないなあ、第一王子との駆け引きとかどうでもいいからさっさとツェの話すすめろよ


155: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 09:18:57.22

連載10週だけって確定なの?だとしたらこのペースヤバない?


157: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 09:29:56.15

意外と今回は掲載が続くと信じてる。


162: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 09:40:47.87

今まで休載の原因だった腰痛は完治したって話だけど
このまま順調に続いたらいいね


190: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 12:42:00.42

>>162
腰って完治すんの?


164: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 09:49:24.50

ドラクエ発売日に腰痛が再発しなきゃ良いが


165: うさちゃんねる@まとめ 2017/07/18(火) 09:54:32.86

今更ゲームに興味ないだろ




コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました