【ハンターハンターネタバレ360話】クラピカ「ビヨンドと暗黒大陸絡み…だな?」


【ハンターハンターネタバレ360話】クラピカ「ビヨンドと暗黒大陸絡み…だな?」

147: うさちゃんねる@まとめ

凝を怠るな


145: うさちゃんねる@まとめ

No.360 尋問

■船内に満ちる不穏な空気――

リビングに並ぶ4人のハンター
クラピカが拳銃を突きつけている

クラピカ「私がいいというまで動くな 不審な動きをしたら迷わず撃つ…!」
クラピカ「では私の知っている事を順を追って話そう」
クラピカ「まず今回の渡航の目的についてだ」
クラピカ「表向き王子たちが乗船した理由は国王とともに新大陸への航海を見守ることとされている」
クラピカ「が 真の目的は次の王を決めるためのバトルロイヤル!!」
クラピカ「新大陸に到着するまでの2ヶ月間 14人の王子が最後の1人になるまで★し合うことになる」
ハンター達「!!」
クラピカ「しかし知っての通り王子同士の接触は厳しく制限されている この状況下において暗★が実行されるということは…」
クラピカ「当然ありとあらゆる可能性を考慮しなければならない この意味はハンターであるなら言わずとも分かるだろう」

ヒゲのハンターが冷や汗を流す

ハンター(成程 だからあの時念の事をもち出したのか…!)

クラピカ「先ほどお前たちはこの件についてカキン軍の内紛だと言った」
クラピカ「だが軍は王位継承戦に関して中立 あえて言うなら国王側として王子の行動を監視しているに過ぎない」
クラピカ「勿論今回の件に絡んでいる可能性はあるが憂慮すべき優先順位としては低い」
クラピカ「逆に関与している可能性が高いのは居住区外の警備をしている準協会員(ハンター)…!」
クラピカ「渡航中のみ有効の準協会員資格として審査を通過(パス)した彼らだが…」
クラピカ「審査後にどこかの陣営と接触することは十分に考えられる」
クラピカ「護衛する場所によっては事を起こす機会(チャンス)も当然あるだろう」
クラピカ「そして充分な審査を受けていないという点では王子の護衛 特にカキンの公式サイトを通じてエントリーしたハンターも含まれる…!」
クラピカ「王子との面会が免除されているとすれば尚更な…!!」
ハンター達「何!!」


148: うさちゃんねる@まとめ

クラピカの薬指から鎖が垂れる

"導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)"

クラピカ「以上が王位継承戦について私が知る全てだ」
クラピカ「これから質問をする! 正直に答えろ!」
クラピカ「初めに私が話す前から王位継承戦を知っていたかどうかだ」
クラピカ「イエスかノーかで答えろ」

ハンター達が口々にノーと答える

クラピカ(動揺はしているが嘘はついていないようだな)
クラピカ「次の質問だ 出航より前にワブル王子以外の王子と接触したことがあるか?」

再びハンター達が口々にノーと答える

クラピカ(…シロだな)
クラピカ「では護衛についてカキン側に仲介したのは誰だ?」
ハンター「協会の人間だ」

他のハンターも頷く

クラピカ「成程…お前たちは協専のハンターだな?」
ハンター「ああ何か問題でも?」
クラピカ「いや…では最後の質問だ」
クラピカ「お前たちに与えられた任務は本当に王妃と王子のガードだけか?」
ハンター達「…」
クラピカ「どうした早く答えろ」

剣眉のハンターが口を開く

ハンター「…そうだ」

鎖が反応し剣眉のハンターの体に回る

クラピカ「正直に答えろと言ったはずだ!!!」
クラピカ「もう一度聞く! お前たちの任務は本当に王妃と王子のガードだけか?」

ぽっちゃりしたハンターが慌てた様子で間に入る

ハンター「少なくとも航海中の任務はそれだけだ! 我々のことを信じてくれ!!」
クラピカ「航海中? つまりお前たちの任務にはその先があるということだな?」
ハンター「…そうだ」
クラピカ「ビヨンドと暗黒大陸絡み…だな?」
ハンター「ああ」

鎖を解くクラピカ
剣眉のハンターが尻もちをつき咳き込む


154: うさちゃんねる@まとめ

クラピカ「成程…では一人ずつ自らの素性について話してもらおう」
クラピカ「無論嘘をつけば鎖が回る」

剣眉のハンター
「俺の名前はソーロン 賞金首(ブラックリスト)ハンターをやっている 他の3人も同様だ」
目の下にクマがあるハンター
「俺の名はシューザック 単独で動くハンターも多いが我々は4人1組(チーム)で活動を行っている」
ヒゲのハンター
「私の名はハクトラ 今回の任務については渡航の発表直後に協会から要請があり参加した」
ぽっちゃりしたハンター
「僕の名前はゲンブルド 仮の暗黒大陸に到着したらビヨンド側の人間と接触する予定になっているよ」

クラピカ「?…つまりまだビヨンド側の人間とは会ったこともないのか?」
ハクトラ「そうだ 君は奇妙に感じるかもしれないが協専のハンターにとっては普通のことだ」
クラピカ(嘘はついていない…操作されている可能性がないとはいえないが彼らは本当に何も知らないようだな…)
クラピカ「成程…承知した 疑って悪かったな
クラピカ「先ほどまでの非礼を詫びよう」


電話をするクラピカ

クラピカ「…という次第だ」
ミザイ「成程な…王子の護衛として紛れ込んでくることは予想していたが的中したようだな」
クラピカ「で どうする?」
ミザイ「本当はすぐにでも対処したいところだがそうもいかなくなった」
クラピカ「どういうことだ?」
ミザイ「ハルケンブルグ王子の護衛が一人消えた」
クラピカ「!! 今回の件と何か関係がありそうだな」
ミザイ「ああ詳しいことが分かったらまた連絡するよ」
クラピカ「頼む」

電話を切る


155: うさちゃんねる@まとめ

やっぱり嘘バレは多くなくちゃ面白くねえ


157: うさちゃんねる@まとめ

クラピカ(消えたか…もし今回の事件に関与していると仮定すると考えられる可能性は二つ)
クラピカ(加害者か被害者のどちらかだ…!!)
クラピカ(前者であれば話は早いが…)
クラピカ(誰にも気づかれずに移動ができるのであればそもそも護衛として潜入する必要があるのかという疑問が残る)
クラピカ(後者であればハルケンブルグの護衛は血を抜かれずに拉致されたということになるが…)
クラピカ(その場合目的が不明瞭だな)

クラピカの携帯が鳴る

クラピカ(!! Qに着信!!)

メッセージを確認するクラピカ

クラピカ(ビスケからか…)

ビスケ(第13王子(マラヤーム)の使用人一人がバラバラにされて★害される事件が発生)
ビスケ(傷口の形状から犯人は念能力者の可能性が高いわさ)
ビスケ(詳細は落ち着いてから連絡します)

クラピカ(明らかに関連がありそうだが★害方法が違う! ということは犯人は複数人いる…!!?)
クラピカ(だとすると目的は何だ? なぜ王子を直接狙わない?)
クラピカ(情報が少なく全く分からないな…)
クラピカ(いずれにしても最大限の警戒を…)

念を強めるクラピカ何かに気づく

クラピカ(王子と王妃の寝室の方向!? まずい!!)

走るクラピカ
寝室の扉を勢いよく開ける

キョトンとした顔でクラピカを見るオイト
ベビーカーから上の方に黒い影が伸びている

クラピカ「な…何だこれは!!?」

■黒い影の正体は――


165: うさちゃんねる@まとめ

>>157
面白いけどモノローグが多いかな


171: うさちゃんねる@まとめ

>>157
今のビスケならクラピカへのメールに「わさ」は使わないと思う


158: うさちゃんねる@まとめ

お前らの予想って当たらないよな
もっと本気だせよ!


163: うさちゃんねる@まとめ

>>158
ヒソカクロロ戦の決着がシャルコルトピ★害なんて誰も予想できないだろ
冨樫が凄すぎる






コメント

タイトルとURLをコピーしました