食戟のソーマ 最新174話『時をかける鮭』感想まとめやらwww【少年ジャンプ2016年32号】


食戟のソーマ 最新174話『時をかける鮭』感想まとめやらwww【少年ジャンプ2016年32号】


21500228


食戟のソーマ 最新174話
確定ネタバレ・感想!


引用元: ・【附田・佐伯】食戟のソーマネタバレスレ136皿目

食戟のソーマ ネタバレ 174話
『時をかける鮭』

--------------------------------------

カラー表紙
「ソーマ、田所、タクミ、竜胆」


1




煽り
「繋がる2号連続センターカラー第1弾!!」

--------------------------------------

ソーマの言葉に驚く広井

広井
「何て言ったの…!?
 この部屋で一番美味しい鮭料理を出す…
 …ですって!?」



笑みを浮かべるソーマ

ソーマ
「おーし…とにかく急ぐっきゃねーな」

試験会場を出て行くソーマ班

ソーマ
「散れお前ら!!!」

アリス
「ちょっと!自分がリーダーみたいな
 言い方しないでよねっ!!
 あくまで共闘関係なんだからっ!!」

広井
「な…ッ!?ほんとうに今から
 鮭を手に入れるつもりなの!?

 この時期に漁獲される上物は
 全て学園がおさえている!!

 いったいどうやってー!!」

驚いている生徒達

吉野
「ね、ねぇ幸平どういうこと!?」

田所
「今からどうやって…」

ソーマ
「お前らも薙切せんせーの
 勉強会で聞いたろ?
 食材の【特別な冷凍法】について!」

吉野&田所
「あ…!」

ソーマ
「俺らにも勝機は残ってる!
 とにかく探すんだ!!」


2






--------------------------------------

他の生徒が料理を完成させていく
その料理を試食していく広井

広井
「…んん~ッ!!すばらしいわァ!
 これぞセントラルの真の美食!
 よくぞ完璧に調理してみせましたね!」

緊張している生徒達

生徒達
「は…はい…ありがとうございます…!」

広井
「さぁ他の班の皆さんも
 焦る事はないわよ~?
 
 制限時間はたっぷりありますから
 確実に薊総帥の教えに従って
 調理すること!
 
 いいですね~?」

調理が終わったえりなは
教室の隅の椅子に座り
生徒達の様子を看ている

薊の授業を思い出しながら
調理していく生徒達

生徒A
「ポワロは横にではなく
 縦にカットし食感を…

 さっと加熱したあとギリギリ
 沸騰してないコンソメに入れて
 アンフュゼ…20分!」

生徒B
「えっと…ここで確か…」

生徒C
「ちょっと待って!
 その前にしばらく置くんじゃなかった!?
 身に冷風をあてながら…」

生徒B
「そ…そうだった!あぶねぇっ…」

生徒D
「あれ…?何でここで
 フォンを足すんだっけ…?」

生徒E
「薊総帥が授業でそう言ってただろ!!
 いいから早く入れろよ!」

えりなが生徒達を
冷ややかな目で見ている


3




--------------------------------------

えりなに目を向ける広井

広井
(残念だけどあなたのオトモダチとは
 これでお別れですね

 悪く思わないでくださいね、
 えりな様…

 これもあなたとセントラルの
 未来のためなのですよ

 今頃、あの5人は魚市場か漁港でも
 走りまわってるのでしょう

 でもどうせ無駄足よ
 日没まであと30分…!!

 うふふ…

 これで薊総帥の言いつけ通りに
 反逆者の排除…成功だわ…♥)

くすくすと笑みを浮かべる広井

--------------------------------------

その時、試験会場のドアが開く

広井
「!?」

ソーマ達が発砲スチロールの
箱を持って現れる

広井
「…」

ニコッと笑う広井

広井
「悪あがきはすんだようねぇ

 成果はどうだったか
 聞いてもいいかしら?
 
 どうせ旬の過ぎた痩せた鮭しか
 手に入らなかったん…で…しょ…」

発泡スチロールを開けるソーマ
上質な鮭が姿を現す


4




驚愕する広井、生徒達

生徒達
「な!!?なんだ!?
 あの上等な鮭は!

 身の張りも皮の輝きも…
 どうみても超一級品だぞ!!」

広井
「これは…トキシラズ…!!」

生徒達
「と…トキシラズだって!?」

--------------------------------------

ナレーション
「 鮭の本来の旬である秋ではなく
 【春頃から夏】にかけて
 水揚げされる鮭のこと

 季節外れにとれるので
 【時知らず】と呼ばれ

 一日数尾しかかからないことも多く
 極めて貴重

 トキシラズは【完全に成熟する前の鮭】

 つまり腹に卵や白子を抱えていないために
 その分の栄養が身に全て行き渡っている!

 すなわち身の質のみの話であれば
 一年間で一番美味い状態の
 鮭といえるのだ!!」

--------------------------------------

生徒達
「で、でもおかしいじゃねぇか
 そうだ!夏に水揚げされる鮭が
 どうしてこんな冬に!?」

広井
「…」

考えている広井

アリス
「フフ…先生もご存じでしょう?
 【ブライン法】を」

広井
「!!」

ナレーション
「【ブライン法】

 【ブライン液】と呼ばれる0℃以下でも
 凍らない液体を用いた瞬間冷凍法のこと

 対象となる物の温度を氷点下まで
 到達させる時間が圧倒的に短いため食材の
 細胞膜を破壊する事がない…

 よって品質をまったく落とさず
 凍らせることが可能!!

 いわば【時を止める冷凍法】である!!」


5




アリス
「科学と美食…それぞれの叡智が織りなす
 結晶といえる技術ですわ♪」

ソーマ
「やーしかしたった数時間でよく
 ブライン法を取り扱ってる業者まで
 たどり着けたよなー」

田所
「そしてトキシラズの在庫があって
 ほんとによかったよねぇ」

広井
(…なんて事!!

 正直、トキシラズもブライン法も…
 美食業界ではありふれた知識と
 言っていいわ

 けれどそれらをこの土壇場の
 限られた時間で入手するというのは
 並大抵の事ではない…!

 食や流通に関する知識・行動力・交渉能力…
 そして運がなかったら不可能だったはず!

 それを本当にやってのけたなんて…!!
 …でも…だからどうだと言うの?)

クスッと笑う広井

広井
「うふふ…おほほほ…
 
 試験内容をきちんと聞いてたかしら?
 制限時間の日没まで30分切っているのよ?

 トキシラズ?ブライン法?
 そんなもの最先端の美食業界では常識!

 モノを確保できた事には少し驚いたけど
 皿を出せなければ意味はないわ!!

 試験結果には何の関係もないのよぉお~!!
 おほほほほほほほ~!!」


6




--------------------------------------

広井を無視して話しているソーマ達

ソーマ
「解凍具合はどうだ?」

黒木場
「モノ自体は小ぶりだしもう大丈夫だろ
 半解凍だと楽に扱えるしな」

広井
「?」

アリス
「フフ…まさか幸平くんとチームを
 組む事になるなんてねっ♪」

ソーマ
「へへ……確かになっ
 黒木場ぁとりあえず超速で
 捌き頼めるか?」

黒木場
「誰に向かって言ってやがる…
 俺に命令すんじゃねぇ!!」

ソーマ
「そりゃ悪かったね!!」

超速で調理を始めるソーマと黒木場

生徒達
「お…鬼速…!」

メイン調理をソーマ、黒木場、アリスが担当
田所、吉野がサポートに回っている

生徒達
(一瞬たりとも滞らない…
 本当にこいつら即席チームかよ…?)

調理されていくトキシラズ
それを見て涎を垂らす広井

広井
(なんて…なんて分厚い脂の層と
 身の締まり!!

 分厚いだけではない…
 トキシラズ特有の優美で上質な脂だわ!)

串を刺したトキシラズの身を直火で焼き、
ハケでタレを塗っていくソーマ
そして…料理が完成する

ソーマ
「おし…!完成だ!!
 トキシラズの【幽庵焼き】だ」

ナレーション
「酒・みりん・醤油・輪切りにした柚子などを
 合わせたタレ(幽庵地)に食材を漬け焼いた料理」


7




生徒達
「おおおおおお!!」

涎を垂らす生徒達

ソーマ
「さぁ、おあがー…」

アリス
「おあがりになって♪」

ソーマにかぶせるアリス
睨み合うソーマ、アリス

ソーマ
「なんだよ」

アリス
「なによう」

広井
「こ…!こんなもの…
 こんなものぉおおおー!!」

料理を口に入れる広井

広井
「…!!」

広井
(【ガツン!】そして【ふわっ…!】

 上質すぎる甘い脂には舌が
 痺れてくるようなインパクトが!!

 ほくほくと身に絡んだタレのまろやかさに
 柚子の風味がきゅっと香る!

 最高に脂の乗ったトキシラズのパワーを
 ひたすらどストレートに
 炸裂させているぅ~ッ!!

 なんて…なんてことなの…!!

 学園とは勝手の違う場所で
 食材に関する不条理をおしつければ
 簡単につぶれてしまうと思っていたのに!!)


8




ソーマ
「ちょ~~~っと俺らの事を
 侮りすぎたんじゃないすかね
 試験官さん?

 少なくとも俺はこんなことじゃ
 へこたれないすよ

 だってこんなの日常の一部っすもん」

広井
「…!?」

ソーマ
「どんな状況でも良いモノを
 掴むため仕入れと格闘する

 そんできっちり皿を出す
 定食屋の仕事だ!」

広井
「きぃいいいいい!!」

悔しそうな広井が言い放つ

広井
「幸平創真班計5名!
 一次試験合格よッ!!」

煽り
「創真班、必然の勝星
 一次試験終了!!
 明かされる進級試験の真意!?」

食戟のソーマ ネタバレ 175話へ続く


882: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 16:04:19.46 ID:Y9Kn3lKa0
やっぱソーマアリス黒木場っていう実力者トリオは良いな
バランスが良い
あとの二人が雑魚だけど負ける気がしない

888: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 17:00:31.64 ID:YN3Ab1Bpa
広井の顔がホラー漫画みたいだった
手順の意味も理解せず言われたことをただこなすだけで手一杯の
モブ連中を見つめるえりなの冷ややかな目が印象的だった
田所と吉野は全く役に立ってなかったな

889: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 17:56:19.13 ID:bWHNL2Sfp
ソーマと黒木場の鬼速調理かっけぇ
そして田所吉野いらねぇ

890: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 18:13:13.68 ID:ib2yUzRX0
オバハンの顔といい叡山といい中村派は顔芸もセントラルに入る基準の一つなんか?

892: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 19:17:42.96 ID:jP/l7xU0d
えりなはこれでセントラルが間違ってると確信しちゃったかな?
っていうかソーマ達と比べたら実力的にも内面的にもダメすぎて哀れみしか出てこない
相変わらずモブは雑魚しかいないのな

914: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/07(木) 23:39:20.61 ID:qc8sf/Gup
えりなは更にセントラル式がダメだと痛感しただろうな
中村と対面する時が楽しみだわ
反抗された中村くんは何……だと……になるのか、そうかならお前もいらん、となるのか

922: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/08(金) 08:07:04.74 ID:m6ymoWIgd
再来週のカラーえりながどんな構図なのか想像つかないんだが楽しみだ

931: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/08(金) 19:33:36.48 ID:hL7S4mO50
1個目の課題はあっさり終わったな
あの人選は明らかにアニメを意識してるっぽかったし
2個目の課題からはルート別れるだろうから
新鮮な組み合わせを期待したい

932: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/08(金) 19:44:23.01 ID:ha/+jiw30
巻末煽り見るに再来週は説明回か
扉絵みたがあれだと竜胆のところは司になるだろうな

942: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/08(金) 22:25:45.66 ID:eR/MDT1A0
えりなの勉強会をまさかのソーマが一番聞いていたということが意外
そしてえりなのチームもえりな以外アルバイトレベルなのか

うろたえてたの他のチームだろうけど

949: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/09(土) 01:16:22.37 ID:CDiVWvHT0
調理時間制限一時間にした方が良かったんじゃないの?

950: うさちゃんねる@まとめ 2016/07/09(土) 01:20:52.08 ID:D24eqPBC0
それじゃ他の生徒が中村君の料理再現するの間に合わないだろいい加減にしろ



コメント

タイトルとURLをコピーしました