「夜桜さんちの大作戦」感想、凶一郎兄さん、壮大な★亡フラグを立ててしまう・・・【66話】



608: うさちゃんねる@まとめ ID:QnFx64rR0
ついに皮下アジトに突入かワクワクしてきた

出典元:権平ひつじ『夜桜さんちの大作戦』(集英社)


813: うさちゃんねる@まとめ ID:hi6rI38iカラー前で既に準備万端かよ!
最高やん!
凶一郎、これフラグじゃないか…


815: うさちゃんねる@まとめ ID:P4RA8870いよいよ皮下アジトに乗り込むか
凶一郎が不穏だな


611: うさちゃんねる@まとめ ID:CBjEGLQM0
母親の遺体といい、凶一郎の台詞といい不穏だな…

出典元:権平ひつじ『夜桜さんちの大作戦』(集英社)


612: うさちゃんねる@まとめ ID:QnFx64rR0
凶一郎はもろに★亡フラグ立ってるな…


627: うさちゃんねる@まとめ ID:+svGz82X0


太陽だけに打ち明けるのカッコよくていいな


819: うさちゃんねる@まとめ ID:TCs5iw36
それな
太陽にだけ話すってのが、またいい


620: うさちゃんねる@まとめ ID:UItYYmCda
遺体奪われてるとか結構エグい要素ぶっ込んでくるな
ここ数週はギャグばっかで中々キツかったけどシリアスやるとやっぱ面白いんだよなあ


814: うさちゃんねる@まとめ ID:7xkDT9Ig
凶一郎お前…(表舞台から一旦)消えるのか?


816: うさちゃんねる@まとめ ID:hi6rI38i
というか母さんの遺体、タンポポ側にあるのかよ…百さんはそのために皮下についていってる?


820: うさちゃんねる@まとめ ID:nkklz9rw
>>816
可能性ありそう、長男も薄々勘づいてるとか


827: うさちゃんねる@まとめ ID:bGlp7UL2
>>816
このパターンだと遺体じゃなくて生きてると思うよ
長男ボコられるとしたら生きてる母親に驚いた隙をつかれるんだと思う
ヤンジャン連載だったら母ちゃんはタンポポのボスに孕まされて異父兄弟で戦うところだ


817: うさちゃんねる@まとめ ID:7xkDT9Ig
相変わらずゆるーい作風の中でタンポポが邪悪すぎて笑う


818: うさちゃんねる@まとめ ID:iR8pu+Q4
やっと皮下戦かワクワクする
長男と太陽でそれなりに信頼関係が出来てていいな


821: うさちゃんねる@まとめ ID:Lro9s4y5
長男か万じいさんは百と戦って★にそうな感じがある




822: うさちゃんねる@まとめ ID:YERv8TfB
家族の中から★者が出たらもう完全にシリアス一本でやってくことになりそうだな

出典元:権平ひつじ『夜桜さんちの大作戦』(集英社)


828: うさちゃんねる@まとめ ID:u2QNgTCJ
>>822
既にハクジャを筆頭に無数の人体実験の犠牲者が出てるわけでして

犠牲者であり荷担者であったハクジャはシオシオになって★に、罪を償った
理由あれど荷担者が一族だからと許されるなら、なんだかなーだな


628: うさちゃんねる@まとめ ID:SIV8lBni0
四怨ちゃん可愛すぎな回だった

出典元:権平ひつじ『夜桜さんちの大作戦』(集英社)


609: うさちゃんねる@まとめ ID:Z/8U3mRNd
まじかるぴょんを歌う四怨姉さんが可愛い辛三兄さん歌の趣味はデスメタかな★香と良いコンビになってきた 見開きは夜桜家総出の演出が良い次号が楽しみ過ぎる


621: うさちゃんねる@まとめ ID:aFstWzEma
デュエット四怨があざとすぎて可愛い

作中のあざとさ全振りしてるな

凶一郎は捨て身も辞さない覚悟でたんぽぽに挑みそうだけど、多分家族に助けられるんだろうな


622: うさちゃんねる@まとめ ID:eJ6etfSq0
凶一郎★なせると途端に兄弟の雰囲気が重たくなるからここは兄弟か太陽辺りに助けさせると思うがなぁ
多分★ぬのは百だろ、多分相手側に潜って自身の奥さんの遺体を探ってる


615: うさちゃんねる@まとめ ID:xNv7+T8/0
★香は留守番だけど六美やばあちゃんも一緒に行くんだ
★香は留守番はわかるけど二人は行かない方がいいんじゃねえの


616: うさちゃんねる@まとめ ID:ID+zRHfda
六美を狙う組織はタンポポだけじゃないし、家族と一緒に居た方が安全かな
それに京子ばあさんって普通に強いんじゃないかと思う


617: うさちゃんねる@まとめ ID:kcLIWpiD0
おばあちゃん連れて行くといいとこ見せたい爺さんが大暴れするぞw


618: うさちゃんねる@まとめ ID:KviPfYrM0
万じいさんと百
凶一郎と皮下で戦ってほしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました